2009年12月09日

お客様からのメール

お世話になりました。
素晴らしい出来栄えに感激しております。
本当にありがとうございました。

滋賀県 SI

●尺5 桶太鼓(馬皮)標準胴黒塗り 86,800円
    調べ緒紫色
===========================

抱え桶太鼓届きました!
素晴らしいです。ありがとうございます。
近日中に入金させていただきます。

 大阪府 HK

●尺6 桶太鼓(馬皮)標準胴黒塗り 99,000円
    調べ緒赤茶色(ダークレッド)

 

嬉しいですね〜。
胴はきれいに塗れて、ロープもいい感じに染まって、音は抜群に良い!
バチは風雅特製(これは特殊ですから、気に入ってもらえるかは不安…)。
長さの調整出来るストラップも付けて、送料はサービス。
風雅はこれが普通、と慣れているものの、やはりお客様の反応を聞くまで心配です。
かつて一度「想像と音が違いすぎる」、と返品の時もありましたから。
posted by 和太鼓風雅 at 00:00| Comment(0) | 風雅ノート

2009年12月08日

最もポピュラー

1.5 purple.JPG

1.5尺 久しぶりに「黒塗り・調べ緒紫」仕様です。
横ロープをそれなりにテンションを掛けた状態から、二巻きは三本締めでピッタリ。
そして亀甲締めは三巻きです。
滋賀のS様は、「長目でお願いします」とのことでしたので、四巻きにしました。
これなら三本締めのあと二巻き余ります。
風雅では、余分はバッサリ切り「見た目すっきり、そして軽い」に仕上げています。

これに「ストラップ」と「桶太鼓専用バチ」を付け、さらに送料無料で、≪両面馬皮≫ 

86,800円

抜群の鳴りに、プロ奏者も納得。


=============================
  調べ緒   
http://www.soc.shukutoku.ac.jp/yokoyama/MATERIA/COLOR_1.HTML

ご注文の際、上記サイトの色彩表を参考に、調べ緒の色をご指定ください。
かなり近い色に染めることが出来ます。

posted by 和太鼓風雅 at 15:12| Comment(0) | 桶太鼓

2009年12月03日

抱え桶 調べ緒の締め方

rope-P.JPG
@ロープ横締め(画像のように桶太鼓を寝かせた状態)で少しテンションを掛けて(皮と胴の接触部分でビビリ音が出ない程度)、ロープの終わりを軽く結ぶ。

rope-Q.JPG
ここからロープを三本or四本or亀甲締め用にまとめる。
このときは、締めないでまとめるだけの気持ちで。

rope-R.JPG
ここから少しずつ(2回以上)好みの音になるよう締めていく。
要するに、「均一に締める」ということです。

※緩めるときはこの逆の作業をする。
 最初の(@)ロープ横締め最後の「結び目」は、ほどかない。
ただし、ロープと皮が新しい時は両方とも伸びる程度が大きいので、時々横ロープの増し締めをすることが必要。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この画像は修理後の太鼓です。
亀甲締めを用い使用後緩めていたのですが、亀甲締めの最初の方が全然緩んでいなくて、激しく片締め状態でした。
その結果、縫い目の辺りが破れ始めていたのです。
当然、テンションがかかりっぱなしの皮はかなり伸びていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
破れかけのところは裏から当て皮で補修し、問題なく修理完了です。
皮の伸びも元通りにし、胴も皮の縁も黒く塗り、かなりきれいになりました。
もちろん、無償修理です!
ちなみに、納品は2008年1月


風雅では基本的には「三本締め」を用いています。
尺4から尺6まで、ほぼこれで好みの音の高さまで締めることができると思います。四本締めもほぼ同じです。
「亀甲締め」も含め、見た目の好みで使い分けるのがいいでしょう。
ただ、尺6で両方が牛皮のときは「亀甲締め」の方が締め上げることができます。
posted by 和太鼓風雅 at 19:22| Comment(0) | 桶太鼓